壁リフォーム

壁リフォーム業者のおすすめは?料金比較!

壁のリフォームといえば、自分でやるか?業者に任せるか?

 

になると思いますが、業者に任せてしまったほうが安かったりします。

 

「餅は餅屋」

 

ということです。

 

外壁のリフォームとかなると、大掛かりになりますが、内装の壁のリフォームぐらいならプロに任せればあっという間です。

 

ただ、ボッタクリが横行するリフォーム業界ですから、悪徳業者に引っかからないことが大切です。

 

まずは、厳しい審査基準をクリアーした優良業者のみが登録されている一括見積もりサービスを利用して概算価格を調べてみることをおすすめします。

 

中でも、「すぐにでも施工したいか?」「とりあえずだいたいの料金が知りたいか?」に分かれるとおもいます。

 

あなたの環境に応じた一括見積もりサービスをご利用ください。

 

すぐに施工したい! 匿名で概算を把握したい

リショップナビ一括見積り
→完全無料で30秒入力

リノコ相場
→完全無料で10秒入力

壁リフォームをお考えの方必見!絶対に後悔しない為に

壁リフォーム申込

 

壁リフォームをする際には、複数の業者の費用を比較する事をおすすめします。なぜ複数取った方が良いのかというと、施工にかかる費用が依頼する業者によって違うからです。それは、壁リフォームが、車や家電製品などメーカーや年式で相場が判断できるものではないからです。今から造りだすものである以上、使う材料や施工する職人の腕も業者によって、それぞれ異なります。例えば、まったく同じ材料・仕様で施工した場合に、業者側からの目線で考えてみましょう。

 

ベテランの職人ばかりの業者の場合、仕事量や技術も見込めるため、ある程度の工期も予測可能です。工期の予測ができれば、かかる人件費や利益が算出しやすくなります。本当の意味で、いい工事を安くできることにつながります。反対に、職人の入れ替わりが激しく、ほとんどが新人ばかりの業者だったらどうでしょうか。しょうがないことですが、工事期間はながくなり、結果として人件費も多くかかります。では、そもそも職人をかかえていない業者だったらどうでしょうか。下請けに丸投げして、そこに利益を乗せた分が、かかる費用になります。職人を指名しない限り、元請では仕事量も工期も予測できないのが事実です。以上のことから、同じ工事であれば複数の業者を比較することが懸命です。ただし、安いからという理由だけで決めてしまっては、あとあと後悔するケースもあります。業者によっては、親身になって他の業者ではなかった最善の提案をしてくれるかも知れません。

 

いずれにしても壁リフォームは、今まで住まいを雨風から守ってきてくれた建物の大切な部分への感謝でもあり、かかる費用もこつこつと貯蓄してきた大事なお金です。一番大切な事は、見積もりを依頼する業者に、複数の見積もりをとってから判断する旨を伝える事です。言いにくいことかもしれませんが、業者側からすれば他にライバルがいるのを知って、一生懸命提案してくれます。これを機に、壁リフォームは複数の業者の費用を比較してから決めましょう。

リフォーム時に国や自治体から出る補助金の種類

壁リフォーム相場

 

リフォーム時にはその内容によって様々な補助金が国から支給されます。バリアフリー化のリフォームを行う時は要支援または要介護と認定された人が住んでいる場合は国から補助を受けられます。20万円までのリフォームに対して9割の補助金が支給されます。バリアフリー化のリフォームに関する補助金は工事内容も細かく決まっているので、工事をする前にケアマネージャーに相談すると良いです。家庭に太陽光発電のシステムを導入したり、省エネリフォームに対しても多くの自治体で補助金が出ています。太陽光発電や省エネリフォームは地球環境にとってプラスになるので、自治体として普及率をあげる取り組みとして補助金制度を導入している場合が多いです。自治体が独自に補助金を出しているので補助金の額や条件はそれぞれ違っていますが、安いところで5万円から高いところでも20万円ほどです。

 

自治体によっては補助金にあてられる予算に到達すると補助制度が終了する場合もあるので、リフォームを検討している時はこまめに情報収集するべきです。耐震性を高めるリフォームに補助金を出している自治体は太陽光発電や省エネリフォーム以上に多いです。その理由は立地的に日本が地震の被害に遭いやすい場所であるからです。耐震補強のリフォームに関しては耐震性が現在の耐震基準を満たしていない住宅の方が優遇されやすいです。また補助金を出す形だけでなく、所得税や固定資産税から控除する形での補助を採用している自治体もあります。

 

バリアフリー化や耐震工事だけでなく、一般リフォームに対して補助金が出る制度がある地自体も一部あります。福祉や住宅の安全性を向上させる目的があるリフォームと比べて採用している自治体も少ないですし、制度があっても額は少額です。さらに条件としてその自治体の中で営業している業者に依頼する事だったり、収入に制限がある事もあります。それでも補助制度を利用できる時は利用した方が安く工事ができるので、事前に確認すると良いです。

リフォームに自信がなければプロに頼もう

壁リフォーム料金

 

最近はDIYを得意とする方も多く、家を住みやすい形にリフォームし作り上げていくという事に取り組んでいらっしゃる方もいます。成功例などが雑誌やインターネットで紹介されていると自分でもできそうな気持ちがしてくるものです。しかしあまり工作が得意でなかったという方が同じように取り組んでみてもうまくいかないということが多いでしょう。今の住まいをより良くしようと手をかけたはずなのに中途半端に以前の状態を崩して作業が止まってしまうという形も多いですし、仕上がりが汚く見えて納得がいかなくなるというケースもあります。もともと工作や建築に関する知識や技術があって作りたいもののイメージがある方は自分でDIYを楽しむべきでしょうが、そういった知識や技術がない方はプロにお願いするのが賢明です。

 

また、費用節約のためにDIYを行おうという事を考えている場合はもう一度検討し直してみましょう。実は資材を買い揃えたり運搬したりといった費用も考えるとはじめからプロにお願いしたほうが早く安く済む場合もあるのです。資材は多く購入すると安くなりますが、個人で使う分だけ買うと割高になりやすく費用がかさんでしまう事もあります。また大きな木材などの運搬も自分で出来なければお願いすることになりその費用も掛かってしまう事もあります。さらに自分自身が作業をしている時間をお金に換算すると、慣れない作業で時間がかかる分大変な金額になってしまいます。それを考えればすべてをまとめてプロにお願いしたほうが安くリフォームできるのです。

 

もちろんどの業者に頼んでも同じ金額というわけではありません。予算に制限がある場合などはその中に収めるための業者選びも必要でしょう。自分でやるかどうかを迷っている方もまずは一括見積もりなどで費用の比較をしてみるのがおすすめです。大体どれぐらいが相場なのかをつかむこともできますし、自分でやる場合との比較という事もしやすくなります。

どこに注目される!?リフォームローンの審査について

壁リフォーム一括見積り

 

リフォームローンを利用したい場合、工事の具体的な見積もりが出てから審査の申し込みをします。収入確認資料や住民票などいろいろな書類が必要になるので、早めに確認して準備するようにしましょう。審査で重視されるのは健康状態や完済時の年齢で、現在の年収よりも完遂できるまで経済力をしっかり維持できるかが注目されやすいです。借入額は高くなるほど現役世代である方が審査時に有利となり、健康状態の確認は団体信用生命保険に加入していることで証明できます。勤続年数は最低でも1年から2年以上が目安となっており、自営業の方は2年以上続けて事業収入があるかが重点的に判断されます。住宅ローンを比較すると、リフォームローンの方が基準ラインが少しゆるいことが多いです。

 

また他のローンを利用している場合は、返済負担率が高すぎると借入れできる金額が減ってしまうことがあります。住宅や車を購入した際のローンをチェックして、そこにリフォームローンを加えることで負担率がどのくらいになるかシミュレーションしておくのが大事です。審査時には事前審査と本審査の2段階に分けて行われることが多く、仮審査はインターネットなどを通して実施します。ネットで申し込みをした後は郵送や電話で審査の結果が通知され、本審査です。

 

このような審査を通して利用できるリフォームローンには、いろいろな種類が用意されています。金利などに違いがあるので、自分がどのタイプならば返済しやすいか検討するのが重要です。景気の影響が少ないものならば固定金利型、低金利時に恩恵を受けたいならば変動金利型などそれぞれの金利の特徴を知っておくことをおすすめします。まずは一括見積もりができるサイトなどを活用して無理のない範囲で、リフォームローンを利用しながら返済できる業者を探しましょう。比較をすれば自分がリフォームしたいと考えている場所は、費用がどのくらい必要なのか平均も見えてきます。

工事内容で大きく異なってくるリフォームの納期

壁リフォーム納期

 

リフォームは、家の様々な部分の内外装の改装や改修を行うことです。バスやキッチンの一部だけをリフォームすることもありますし、家全体をリフォームすることもあります。工事の規模によっては、リフォーム中は別に住居を用意する必要があるため納期には注意が必要です。納期は、リフォームを行う箇所の数によって大きく異なります。人手や作業スペースの関係から、一度にできる作業の量には限界があるからです。家の外壁や屋根だけをリフォームする場合は、比較的短期間の工事で完了します。工事中でも、窓やドアの開け閉めが若干困難になるだけで家の中では通常の生活を送ることができるでしょう。

 

バスやキッチンを始めとした、水を使う場所のリフォームは内部の配管を工事するかどうかによって納期は変わってきます。その他、部屋の壁紙を変える程度のリフォームなら時間はさほどかかりません。ただし、壁を壊して部屋の形を変えたいなど大きな工事を予定している場合は時間がかかります。リフォームの中で気をつけたいのが、排水管や電気の配線です。その壁などと同様に、これらも年月と共に劣化していきます。家の築年数が経っているときは、リフォームする際に排水管等を確認しておくことが大切です。配管等の工事中は、水道や電気が使えないことも珍しくありません。

 

リフォームの納期を把握するためには、依頼する業者に見積もりを作成してもらう時点でしっかりと確認しておくことが大切です。どのような工事を行うのかを確認することも、忘れてはいけません。場合によっては、工事中の住居を探す必要があります。他に住居を用意する際は、納期の長さに関わらず家の近くがオススメです。近い場所なら、工事の様子を気軽に確認しに行くことができます。家に住んだ状態でできる簡単なリフォームでも納期や時期に注意しましょう。真冬や真夏でも、工事中は窓やドアを大きく開けておくことも珍しくありません。業者にリフォームを相談するときは、工事する季節にも注意しておくことが大切です。